読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTVA RIGHTS 世界の人権問題

SATTVAとはインドの言葉ですべての生きもののこと。個人の仕合せなくして世界全体の仕合せなし、世界全体の幸福なくして個人の幸福はありえない。

こんどの精神保健福祉法改案って絶対おかしい!!院内集会

いま国会で精神福祉法改案が審議されてます。

問題だらけのこの法案に断固反対していくためにも4月25日は参議院会館に結集しましょう!

こんんどの精神福祉法改案は絶対におかしい!! 4.25院内集会

2017年4月25日火曜日午前11:30~午後2:30

会場は参議院議員会館講堂(国会議事堂の裏)

会場住所 東京都千代田区永田町

地下鉄永田町駅または国会議事堂前駅

入れる人数は250人様までです

 

☆彡 情報元は、「われら自身の声を届けます DPI日本会議メールマガジン553号(4/17発行)です

DPI日本会議(HOME)

メールマガジン配信登録はこちら↓

www.mag2.com

〔危険地報道報告会〕― ≪シリア内戦取材・報道の現在/安田純平氏の拘束から2年≫

〔危険地報道報告会〕―

≪シリア内戦取材・報道の現在/安田純平氏の拘束から2年≫―

http://www.kikenchisyuzai.org/2017/03/16/debriefingsession/

 シリア内戦は今年3月で6年を迎えました。その他にも、イラク北部モスルでの戦闘・攻防が激化、南スーダンでは陸上自衛隊のPKO活動からの撤退が報じられましたが、その紛争・戦争地域に足を運んで伝えるジャーナリストがいること、そして危険地から地元の市民らが発信する活動が続けられていることを報告します。
 また、フリージャーナリストの安田純平さんがシリアで拘束されて、まもなく2年になろうとしています。しかし、メディアから安田さんの消息や安否に関する報道は途絶え、人びとの意識の中から、ほとんど忘れ去られようとしています。
 私たちはこの機会にあらためて、いまジャーナリストが危険地を取材し、報道することの意味を、シリア取材の現場からを中心に問い直したいと思います。ぜひご参加下さい。

【日時】2017年4月15日(土)
    午後6時15分開始(午後6時開場)~午後9時ごろ終了予定
【場所】東京都・文京区区民センター・2-A会議室(2階) ※下欄に地図掲載
【参加費】1000円(予約不要、当日先着順にて受付)

【主催】「危険地報道を考えるジャーナリストの会」 http://www.kikenchisyuzai.org/
世話人土井敏邦/川上泰徳/石丸次郎/綿井健陽/五十嵐浩司/高橋弘司
【共催】アジア文化会館(公益財団法人アジア学生文化協会)

【内容】
(1)「シリア内戦で経験した危険地取材の教訓」(報告:桜木武史氏)
シリア内戦の始まりから5回にわたる現地取材をもとに『シリア 戦場からの声 内戦2012-2015』を著し、2016年度「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を受賞したジャーナリストが、最悪の内戦 の取材体験を語ります。

(2)シリア反体制支配地域で戦争報道を担う市民ジャーナリストたち(報告:川上泰徳)
外国メディアが入ることが困難になったシリア反体制支配地域で、戦争報道を担っている現地の市民ジャーナリストたちの活動を紹介、その課題や問題点を探ります。シリア市民ジャーナリストたちの活動の映像も上映。

(3)シリア・アサド政権下の取材現場から
(報告:?場(あきば)聖治氏‐TBS外信部記者/木村一浩氏‐共同通信カイロ支局長)
シリアの首都ダマスカスや、昨年12月にアサド政権が制圧した街アレッポなどをこれまで取材した新聞記者とテレビ記者が、その取材現場の実態と体験を語ります。

(4)「危険地報道を考えるジャーナリストの会」から安田純平氏救出のためのアピール

当日内容・報告者は事情により変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。


【お問い合わせ】 kikenchihoudou安都yahoo.co.jp (「危険地報道の会」事務局)安都を@に変えてご使用を。

※【会場地図】文京区民センター (文京区本郷4-15-14)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

都営三田線大江戸線春日駅A2出口」徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線後楽園駅4b出口」徒歩5分
東京メトロ南北線後楽園駅6番出口」徒歩5分
JR「水道橋駅東口」徒歩15分

水平社博物館「表現の自由と差別」

水平社博物館第20回特別展

表現の自由と差別」

2017年5月2日火曜~9月10日日曜

会場:水平社博物館

奈良県御所市柏原235-2

表現の自由を享受するまでの経緯、社会問題となっているヘイトスピーチを通して表現に自由とは何かについて考えます

〇第一回特別講座「ヘイトスピーチ表現の自由

講師:安田浩一さん(ジャーナリスト)

2017年7月22日土曜日午後2時~

御所市人権センターにて開催予定

申し込み必要(水平社博物館まで)、先着30名様

☆彡 情報元はメールマガジン「水平通信」第133号(4/3発行)です

www.mag2.com

写真展・人権という希望

写真展・人権という希望

『11人の写真家がいま伝えたいこと』

 

宇井眞紀子

高松英昭

片野田斉

落合由利子

松澤コウノスケ

趙根在

大西暢夫

橋本弘道

石川武

太田順一

亀山亮

 

会場 東京都人権プラザ企画展示室

東京都港区芝2-5-6、都営三田線芝公園駅A1出口徒歩3分

日にち 2017年3月15日休)--8月19日(土)

無料・日曜休館(展示替え期間は閉室)

開館時間 9時30分~17時30分

主催 東京都人権プラザ 

http://www.tokyo-hrp.jp

電話03-6722-0123

ファクシミリ 03-6722-0084

さくけねえ!開催

3.11東日本大震災「心に刻む集い」開催

東日本大震災復興支援事業として、「3.11東日本大震災「心む集い」」を下記のとおり開催します。ぜひお越しください。

※入場無料/ハガキまたはFAXにて住所·氏名。電話番号·整理券の必要枚数を明記の上、下記まで事前にお申し込みください(5月19日必着)

テーマ:さすけねえ! ~No Rain No Rainbow~ 2017年6月10日(土) 会場:福島県郡山市民文化センター中ホール(福島県郡山市堤下町1番2号)

日程 12時 開場(お買い物広場は11時30分から)

13時 《第1部》心に刻む法要。講演 基調講演:森 達也さん(ドキュメンタリー映画監督,作家) 15時 《第2部》心に刻む歌と踊り 出演:照屋実穂さん。スパリゾートハワイアンズ フラガールOG桜美の会

16時 閉会

お申込み·お問い合わせ先

真宗大谷派仙台教務所「3.11心に刻む集い」事務局 〒 983-0803仙台市宮城野区小田原1丁目2-16 TEL 022-297-2824 FAX 022-297-2827 -

情報元は、真宗大谷派発行『同朋新聞』2017年4月1日号です

東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクション

東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクション

(同日2回、場所を変えて行います)

 

【日時1】2017年3月24日(金)13:00~16:00

【場所】東京都庁第一庁舎前

【日時2】2017年3月24日(金)17:30~19:00 ※宇都宮健児さんは供託金裁判が終了次第、この回に参加予定。 

【場所】JR新宿駅西口

※毎週金曜日午後に行われる小池東京都知事の定例記者会見にあわせて避難当事者による緊急アピールを行います。

2回目の17:30からは、JR新宿西口出口にて街 宣アピールを行います。広く市民のみなさんの参加を呼びかけます。

飛び入りご参加も大歓迎♪です。

 

【主催】避難の協同センター・キビタキの会・原発事故避難者の住宅確保を支援

する江東の会・希望のまち東京をつくる会

【連絡先】避難の協同センター 03-5225-7213

 

 この3月末で原発事故避難区域外避難者(いわゆる「自主避難者」)の方々の住宅提供支援が打ち切られる問題について、2月24日、宇都宮けんじと希望のまち東京をつくる会は、避難の共同センター、キビタキの会、原発事故避難者の住宅 確保を支援する江東の会のみなさんと共に、都庁都市整備局あてに要望書を提出し、都庁記者クラブにて記者会見を行いました。

 その後、3月2日の都議会一般質 問では、おときた駿都議が本件について、都として適切な支援を継続していく必 要があると述べ、小池都知事も翌週の定例記者会見で記者の質問に対し、条件緩和なども含めて支援を4月以降継続する意思があることを表明しました。

 しかし、3月も半ばを過ぎた現在、支援継続に関する具体的な方針は示されていません。 今回の支援打ち切りで、多くの避難者の方々が生活困窮に陥っています。東京都が4月以降も避難者への住宅支援を継続して行うよう要望すると同時に、多くの方たちにこの問題について知っていただくため、4団体共同の緊急街宣アピール を2017年3月24日に行うことになりました。

 少しでも多くの方に参加していただ くことが力になります。

 賛同して頂ける方も、この問題についてまだよく知らな いという方も、ぜひご参加ください!

 

☆彡 情報元は「希望のまち東京をつくる会」さんのメルマガです

希望のまち東京をつくる会 事務局住所

〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-6 ヴァリエ後楽園303

JR水道橋駅東口徒歩3分 都営地下鉄三田線水道橋駅A1出口1分

 ※古武道武具の販売店「尚武堂」が1階にあるビルの3階です。

TEL:03-5844-6046(月・金・土の13時~17時)FAX:03-5844-6047

 

◇公式ホームページ「希望のまち東京をつくる会

http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ツイッター 宇都宮けんじ

https://twitter.com/utsunomiyakenji

◇宇都宮けんじサポート@チームうつけん ツイッター

https://twitter.com/TeamUtsuken

◇宇都宮けんじ広報 ツイッター

https://mobile.twitter.com/utsukenpress

◇公式フェイスブック宇都宮けんじ

https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

リアルなで現実をどう生きるか?

「春休み人権セミナー 人権×多様性×リアルな現実をどう生きるか?」

2017年3月26日(日曜日)午後2時から5時
玉川聖学院 第5会議室にて(東京都世田谷区奥沢7−11−22)東急自由が丘駅または九品仏駅ちかく

語って聞いてくれる人

奥田愛基さん

加藤真希さん

伊藤和子さん

参加希望の方は下の情報元はリンク(特定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ)に進み、申し込みフォームから参加申し込みをお願いします。数百円程度の参加料が必要です。

http://hrn.or.jp/news/10170/