読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTVA RIGHTS 世界の人権問題

SATTVAとはインドの言葉ですべての生きもののこと。個人の仕合せなくして世界全体の仕合せなし、世界全体の幸福なくして個人の幸福はありえない。

日本と世界の避難民と私たち

6.4 守ろう!

避難の権利!

住宅支援打ち切りを許さない!

原発事故被害者の救済を求める全国運動東京集会』

東京電力が起こした原子力発電所爆発事故被害者の住宅支援打ち切りが目前に迫る中、状況は?

私たちにできることは?

6月4日(土)午後1時半〜4時半

東京都板橋区立文化会館4F大会議室

東武東上線大山駅近く)

詳細

http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_160604.html

☆情報元は、国際環境NGO FoE Japan メールマガジンです

http://melma.com/backnumber_00013776/

FoE Japan スタッフさんブログ http://foejapan.wordpress.com/

────────────────────

●アーユス総会セミナー●

『難民を知る〜日本と世界と私たち』

http://ngo-ayus.jp/2016/05/20160506/

【日時】6月7日(火)17:00-18:30

【場所】長専院(東京都江東区三好1-6-3)(お寺です)

【最寄駅】都営地下鉄大江戸線東京メトロ半蔵門線清澄白河」駅より徒歩5分

【地図】http://www.mapion.co.jp/phonebook/M06005/13108/L0727640/

【講師】檜山怜美さん・石川美絵子さん

(特活)なんみんフォーラム

【参加費】無料

【お申込方法】下記の申込フォームからお申込みください。

【申込フォーム】https://ssl.form-mailer.jp/fms/9fc88826435889

シリアの内戦で愛する祖国を追われ、家族や親族、友人と離ればなれになりながら決死の覚悟で地中海をゴムボートで渡り、平和で安定した暮らしを求めて欧州へ殺到する人たち。

今、世界では避難者問題が大きな注目を集めています。

命をかけた避難民の行く先は、近隣諸国の難民キャンプや欧米諸国と思われがちですが、実は日本にも逃れてきています。

昨年、7,586人が日本で難民申請を行いました。

しかし、難民として認められた人はたったの27人。

1982年から昨年末までに、難民認定された人は、延べ660人に留まります。

このセミナーでは、難民について知りたい方に、わかりやすく解説します。

難民として認められないまま、何年も不安定な状態で暮らしている人が少なくない現実があります。

私たちは、世界の状況と日本で暮らす隣人としての難民を、どこまで自分の問題として考えることができるでしょうか。

合わせて、日本で難民として認められて今を必死に生きている人や、難民認定を受けられず、不安な日々を過ごしている人たちの声もお届けしたいと思います。

関心ある方であればどなたでもご参加いただけます。

ぜひ避難民について考えてみませんか。

終了後、別会場にて懇親会(会費2000円)も予定しています。

ご参加いただける方は、申込みの際にその旨もお知らせください。

【申込・問合せ先】アーユス仏教国際協力ネットワーク

TEL 03-3820-5831 FAX 03-3820-5832

☆情報元は、 特定NPOアーユスさんのメールマガジンです

NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

〒135-0024 東京都江東区清澄3-4-22

E-mail tokyo(@)ngo-ayus.jp(@を小文字にしてお使いください)

http://www.ngo-ayus.jp