読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTVA RIGHTS 世界の人権問題

SATTVAとはインドの言葉ですべての生きもののこと。個人の仕合せなくして世界全体の仕合せなし、世界全体の幸福なくして個人の幸福はありえない。

ステファニ・レナト賞募集情報

「ステファニ・レナト賞」候補者の募集

名古屋NGOセンターの初代理事長として活躍し、2003年10月東ティモールで活動中に交通事故で亡くなったステファニ・レナト氏の遺志を引き継ごうと2004年に創設された「ステファニ・レナト賞」候補者の募集を名古屋NGOセンターがなさいます。

この賞は、社会的弱者の立場にたって人間の尊厳を守る活動を地道に続けている団体や個人を表彰するものです。

これまで数々の受賞団体・個人の活動がメディアに取り上げられ、社会的関心を高めて支援の輪がさらに広がるという効果もありました。

受賞するにふさわしい個人ないし団体を募集しています。下記をご参照の上、ぜひご応募、ご推薦をお願い申し上げます。

候補者推薦要領をご参照の上、推薦用紙を下記事務局までお送り下さい。

対象となる活動分野は特に定めず、自薦、他薦問いません。

【応募書類ダウンロード】

http://www.nangoc.org/information/7222016.php

最近の活動内容がわかるような資料があれば、お送りください。

●応募〆切:2016年7月22日(金)(必着)

●選考/受賞者発表方法:有識者で構成される選考委員会で慎重に審議されます。受賞者の発表は10月6日、表彰式は10月下旬名古屋市内で行う予定です。

●問い合わせ●

ステファニ・レナト賞実行委員会

(特活)名古屋NGOセンター

〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル7階

TEL & FAX 052-228-8109(電話:火〜土:13時〜17時)

https://www.facebook.com/nagoyanangoc

◎情報元はメールマガジン「名古屋NGOセンターNEWS」です

http://mag2.com/m/0000268449.html

(※)この賞の名称は、日本において40年間近くにわたって社会的弱者の立場にたった活動を続け、2003年10月に東ティモールで活動中に交通事故で亡くなったステファニ・レナト氏(特定非営利活動法人名古屋NGOセンター 初代理事長)の功績に敬意を表し、その精神を引き継ぐため名づけられました。

本文は上記メールマガジン内容要旨を短縮転写したものです。