読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTVA RIGHTS 世界の人権問題

SATTVAとはインドの言葉ですべての生きもののこと。個人の仕合せなくして世界全体の仕合せなし、世界全体の幸福なくして個人の幸福はありえない。

誰のための開発? セミナー・ミュンマー

メコン・ウオッチさんのメールマガジン11月4日号から、下記内容のセミナー開催情報を転載・紹介します。


[セミナー] 経済成長で幸せになれる?ミャンマービルマ)の経済開発と日本

詳細


-----------------------------------------------------

「最後のフロンティア」と呼ばれ、ビジネスチャンスにあふれる国として日本でも関心を集めるミャンマー

インフラが未整備な同国では、さまざまな開発事業が進んでいます。

特に日本政府・民間企業が関わるティラワ経済特別区、そしてタイ、ミャンマー、日本の3国が事業を進める予定のダウェイ経済特別区は、注目の大規模事業です。

 ミャンマー経済を牽引すると期待されるこれらの経済特区ですが、開発地域に暮らす人々に既に大きな生活の変化をもたらしています。

多くは農民や日雇い労働者である住民は、社会的な立場の弱い存在です。

ミャンマーでは土地は政府のもので住民は使用権を持つとされていますが、長く続いた軍事政権下で住民の権利は十分に認められてきませんでした。そこで行われる新たな開発事業も、立ち退きや土地収用を伴います。

 メコン・ウォッチは2013年から、経済特別区開発による住民の貧困化を防ぐべく活動を続けてきました。

詳しくは以下のページをご参照ください。


ティラワについてこちらへ

ダウェイについてこちらへ


そんな中、今回は、2つの経済特別区の事例から、今後の日本のミャンマーへの関わりの中で何が懸念されるのかをメコン・ウォッチのスタッフが報告するとともに、アーユス仏教国際ネットワーク理事、松本智量さまから経済開発と人々の幸せの関係について、問題提起していただきます。


この会では、「誰のための開発」という古典的な問いを、愚直にみなさんと語り合ってみたいと思います。ぜひお気軽にご参加ください。



日時:2016年11月24日(木)18:30-20:30 (開場18:00)

場所: 常圓寺(東京都新宿区西新宿7-12-5)

地図:常円寺マップ

アクセス:JR線・小田急線・京王線・丸の内線西武新宿線新宿駅」より徒歩6分大江戸線西新宿駅」より徒歩3分丸の内線「西新宿駅」より徒歩4分


資料代:500円(メコン・ウォッチ、アーユス会員・学生無料)

共催:アーユス仏教国際協力ネットワーク、メコン・ウォッチ

申込み:以下の申込みフォームからお申込みください。申し込みフォーム


プログラム(予定)18:30 はじめに18:35 

ティラワ経済特別区開発事業と人々:土川実鳴さん(メコン・ウォッチ)18:55 質疑応答19:10 

ダウェィ経済特別区開発事業は誰のため:木口由香さん(メコン・ウォッチ)19:30 質疑応答20:00 

報告を受けて:松本智量さん(アーユス仏教国際協力ネットワーク)20:25 終わりの挨拶


☆彡 メコン河開発メールニュース発行:特定非営利活動法人メコン・ウォッチ

Website: ウエブサイト

Facebook■■Twitter■■BLOG

Facebookfacebook

Twittertwitter

Burma BLOG (in English): blog

イベント情報、写真や映像も紹介しています。ぜひご覧ください。