読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTVA RIGHTS 世界の人権問題

SATTVAとはインドの言葉ですべての生きもののこと。個人の仕合せなくして世界全体の仕合せなし、世界全体の幸福なくして個人の幸福はありえない。

望月衣塑子さんと武器輸出問題を語ろう

12/25(日)

「国策化する武器輸出─武器輸出ビジネスの最前線から見えること─」

安倍政権は、憲法の平和主義を壊す安保法制=戦争法を発動させ、戦地南スーダンへの

自衛隊派兵を進めています。

更に、武器輸出を実質的に禁じてきた「武器輸出三原則」を閣議決定のみで撤廃し、新たに防衛装備移転三原則を策定しました。国策として武器輸出を積極的に進めると共に、大学や研究機関と軍事研究を行う「軍学共同」も進んでいます。今年4月、オーストラリアへの潜水艦輸出は頓挫しましたが、「死の商人国家」に向かって着々と動いています。武器輸出の現場を丁寧に取材し、マスコミなどで警鐘を鳴らし続ける東京新聞記者の望月衣塑子さんを講師に迎え、下記のような企画を行います。

●2016年12月25日(日)1時半より

 講師:望月衣塑子さん (東京新聞社会部記者)

 場所:ウィルあいち セミナールーム1・2 (愛知県名古屋市

 参加費:800円

●望月さんプロフィール

2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の報道をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。2009年には足利事件の再審開始決定をスクープする。

東京地裁・高裁で裁判担当後、経済部記者を経て現在は社会部遊軍記者。日本学術会議

軍学共同、武器輸出問題を主なテーマで取材。 著書に「武器輸出と日本企業」(角川新書)

「世界」2016年6月号特集「死の商人国家になりたいか」(岩波書店)で「国策化する武器輸出」を寄稿。二児の母。

共催:不戦へのネットワーク

代表 飯島滋明さん(名古屋学院大学教授)

戦争をさせない1000人委員会あいち

連絡先:名古屋市中村区那古野1の44の17 嶋田ビル2F

☆彡 情報元は、(特活)名古屋NGOセンターさんのメールマガジン12/22号です

名古屋NGOセンター

〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル 7階

TEL & FAX 052-228-8109(電話:火~土:13時~17時)

 http://www.nangoc.org

◎名古屋NGOセンターNEWSの配信登録はこちら

http://www.mag2.com/m/0000268449.html